シミ消す方法

しみそばかす消す化粧品




   

シミそばかすを消したい!

シミそばかすが出来た女性であれば誰でも一度は実感したことがあるのが
「シミそばかすを消したい。」という感情です。

 

学生時代ならいざ知らず、
社会人になってから出来るシミそばかすというのはどうにも気になるものですよね。
そして多くのシミそばかすに悩む女性はしみそばかすを消したいと強く思うようになるはずです。

 

なぜ、そんなことが言い切れるかというと私がシミそばかすには長年悩んだ経験があるからです。
私は今をときめくアラフォー世代の典型的な2人の子持ちの働く主婦です。
専業主婦ならまだしも、私のように働く女性って多いですよね。まあ、私の場合は働く女性と言っても
パートなんですけど、それでも仕事に行けば人と接するわけですから大人の女性として身だしなみには
キチンとしておきたいものです。

 

顔カタチはどうしようもないですけど、周りの人に不快感を与えないというのか、清潔感というのか
大人の女性としてのエチケットというのか、今の時代あたりまえのことだと思うんです。

 

そこでいつも気になっていたのが、シミそばかすなんです。
ファンデーションやちょっと化粧を厚めにすればそれほどシミそばかすは目立たないのですが、
ただ化粧が厚いのって、あれはあれで問題だと思いませんか?
化粧はそういうもんだと言われればそれまでなんですけど、私としてはできるだけ自然な雰囲気にしたいんですよね。

 

そして、私の場合の最大の問題は敏感肌だということなんです。
ですからファンデーションや厚化粧をすると肌荒れがひどくなってしまいます。
そうすると、どうしてもシミそばかすが目だってしまうという悪循環。

 

こんな風に、いったいどうしたらいいの?というようにシミそばかすには長年悩んできた私なんですが
実を言うと今では、シミそばかすはほとんど目立たないくらいに消えているんですよ。
シミそばかすに悩んでいた私でも、簡単にシミそばかすを消す方法があったということです。
あなたがシミそばかすを消したい!と本気で思っているのであれば是非、私が実践した方法を参考にしてください。

シミそばかすを消す方法

シミそばかすを消す方法については、たったひとつの方法というわけではなく、過去において
シミそばかすを消す方法についていろいろな手法・手段はありました。
最も有名な方法と言うと、誰でも想像できるのがレーザー治療だと思います。
テレビや雑誌などでも話題になったことがありますよね。最先端技術ということもあり、そしてお医者様の治療ということも含めてレーザー治療はいいと思います。ただ自分で自宅で簡単にできるわけではありません。
病院やクリニックに行って高額な治療費を払うということになり私たち一般庶民にとってはあまり現実的ではありません。

 

私がお勧めしたい、シミそばかすを消す方法というのは
自宅で手軽に出来て、しかもリーズナブルな料金というか一般人にとって常識的な金額の範囲でできることが条件になると思っていますし、私が実践した方法というのも普段お肌のお手入れをするくらいの気軽に簡単にできることです。ひとことで言ってしまえば塗る、あるいは塗りこむだけの簡単お手入れということです。

 

そのポイントというのは、本当にシミそばかすを消すために効果がある成分が含まれていること。
そして、その成分がちゃんと働くようにすること。
ということになります。

シミそばかすの原因

シミそばかすが出来るということは、当然のことながらシミそばかすが出来る原因というものがあります。シミそばかすに限ったことではありませんが、ものごとどんなものにも原因と結果があるというわけです。

 

シミそばかすと言っても、女性・男性の違いであったり、人種や環境の違いというものもあります。

 

ここでは私たち日本人の女性にとってのシミそばかすが出来る原因について簡単にまとめてみますと、
・肝斑(かんぱん)
・日焼けによるシミ
・虫さされの炎症跡の色素沈着
・ニキビ後の色素沈着
という4種類が一般的です。
こうして見ると誰でもがアッと思い浮かべるのが日焼けをしてしまったという経験ではないでしょうか。
現実にシミそばかすが出来た原因で圧倒的に多いのが日焼けによるものと言われています。

シミそばかすができないようにするためには

シミそばかすが出来る原因にも書いているように、その原因を断てばいいわけです。
シミそばかすが出来る原因は
・肝斑(かんぱん)
・日焼けによるシミ
・虫さされの炎症跡の色素沈着
・ニキビ後の色素沈着
という4種類ということですから、これを断てばいいわけです。

 

ですから、日焼けしないように気をつける。
無視にさされないように気をつける。
ニキビができないように気をつける。
と言うことになります。

 

ただ、気をつけると言っても具体的にどうすればいいか分かりませんよね。
気をつけるということは、どういうことかというと
例えば日焼けしないように気をつけるということは、日光に当たらないということになります。

 

でも現実的には、晴れている日中に外出するとなれば日に当たらないということはありえません。
ですから、なるべく直射日光をさけるように気をつけるということです。
もっと具体的に言えば、日傘をさすとか、つばの広い帽子をかぶるとか

 

あるいは、UVカット効果の高い日焼け止めのファンデーションを塗るなどして
とにかく直射日光を少しでもさけるということです。

 

こうして、シミそばかすができないようにするためにはしみそばかすを消すことよりも気をつける必要がありますね。